FXの魅力ってなんだろう?

やっぱり、FXに魅力を感じないと始めたい!という気持ちがわきませんよね。
何をするにしたって同じで、魅力が無ければ自分から手を出すことなんて少ないことだと思うんです。
資金効率がいいところや取引手数料が無料だという所も魅力の一つだと言われています。
24時間取引することも可能なので、夜しか時間が取れない人でもFXをすることが出来るんですよ。


・FXに知れば知る程ハマる?

FXについて詳しく知ることで、さらにその魅力にはまっていく人もいるみたいですよ。
逆に詳しく知っていけばいくほど遠ざかってしまう人もいますが、難しいことは少ないと思いますから安心ですよ。
確かに慣れるまでは大変だし挫折しそうになるけれど、それを乗り越えた先に楽しみが待っていると思えばいいんです。
最初は、スワップなどの用語について覚えるのがいいでしょう。
どのくらいで慣れるのか、それは個人差があるから言えないけれど、きっと少しずつ慣れて行けると思いますよ。


・怪しい誘いにのらないで

FXを始めるには、証券会社を決めてそれから口座を作るようになっています。
ここで気を付けてほしいのは、悪徳業者に騙されないようにすることなんです・・・最近は特に多いですからね。
少しでも怪しいと思ったら、まずはネット検索をしてみるのがいいでしょう。

FXで長期取引をする場合のリスクヘッジは?

FXでは一年間など、長期に渡る外貨為替取引を行うことで、金利差益を受け取るスワップポイントという利益の出し方があります。この差額は一日では数十円になることから、長期間、為替を保有する必要もあるそうです。この場合、FXチャートを確認できない時間帯にはどのようなリスクヘッジがあるのでしょうか?


FXは自動売買で管理する

FXのトレード方法に、システムを利用して自動売買を行うツールが存在します。過去、プロが利用していたと言われるもので、自分で売り買いのルールを決めて、システムに登録、このルール通りに売り買いを行ってくれるものです。略称ではシストレなどと呼ばれるもので、システムトレードという機能を利用できるFX業者も増加傾向にあると言われるそうです。


シストレのメリットは?

システムトレードを利用する最大のメリットは、時間など気にしないでトレードを続行できること、自分の感情に流されることなく、決められたルール通りのトレードを行えるという2点なのだそうです。ただし、売り買いの原則となるルール通りの売買を行ってはくれますが、例外的な対応などは自分で行う必要がありますから、チャートをマメにチェックできない時間帯に助けてくれるアイテムという認識にとどめておくほうがいいそうです。

通貨ペアをどう決めればスワップで利益が出るの?

FXの差益ではない利益の出し方という方法に、スワップ金利というものがあります。これは通過をペアで購入し、各通貨の金利の差額を得ることで、利益になるというものです。日本の円は非常に金利が低いということもあり、FXを始める多くの人がこの金利差益を考えているとも言われるそうです。


FXの通貨ペアの選び方は?

FXで金利差を使って利益を出す場合には、できるだけ低い金利の通貨と、できるだけ金利の高い通貨をペアで購入することが、大きなコツになります。これは通貨ペアだけでなく、FX業者でも大きく変わる部分だと言われていますから、業者を選ぶときにはスワップポイントの違いなどもしっかりと比較して、自分が利用したい通貨ペアの利用ができるかを確認するといいでしょう。


長期間かけて利益を出す方法

外貨為替の差額は、毎日取引を終了させて利益を確定することでも出すことができます。この差益をメインに考える人などが行うのは、デイトレードといわれるものだそうですが、金利差の場合は一日で出る利益は数十円程度と言われています。一年間や二年間など、長く保有することで、利益は増えるという考え方なのだそうです。この金利にもレバレッジを利用できますから、慣れてきたら高く設定するという人もいるそうですよ。

FXで大きな損失を防ぐには、リスク管理を

FXでは証拠金以上の取引ができることから、初心者や元手になる資金が少なくてもトレードを開始しやすいと考える人が多いそうです。しかし、スワップなどで利益を出すには、長期に渡る取引も必要となってきます。そこで怖いのは、大幅なチャートの変化などで生まれるマイナスです。


FXで行えるリスクヘッジの種類

もっとも有名なリスクヘッジに、FXの強制ロスカットというものがあります。これは大きな損をしないために証拠金に一定以上のマイナスが出ると、強制的にトレードを終了するというものです。つまり預けているお金以上のマイナスを作らないための予防線のようなものです。これと別に、証拠金が減ってきた段階で、お金を足してください!というアラートが出るのですが、これをマージンコールといいます。多くの場合はマージンコールから一定時間後までに何のアクションもない場合にロスカットが働くそうです。


自分で損失を決められる会社もある

ロスカットは取引の強制終了となりますから、その後、外貨価値が回復しても利益にはなりません。大きな損を出さないために必要なリスク管理と考えましょう。もちろん、この機能などはシステムで動いていますから、自分でチャートをマメに確認すること、チャートを確認する時間が取れないときには、一度取引を終了させるなどの管理を行う必要があります。

市場の特徴を知ってFXに活かそう

FXでは、24時間トレードができると言われていますが、これは世界のバーチャル市場が移動するためです。実際に取引所などがあるわけではないのですが、市場は時間ごとに移動をしています。これを地域ごとに分類すると、その市場にいるトレーダーのクセやチャートのクセも見えるのだそうです。


FX開始になるウェリントン市場

外国為替取引はニュージーランドのウェリントンが一番早くに市場をオープンします。そのため、月曜日の最初の値動きは大きく変わることもあるそうです。最後の市場はニューヨークにあることから、金曜日の夜のチャートは変動が大きいという特徴もあります。最初に開く市場であると同時に、ニューヨーク市場から日本やシンガポールなどのアジア地帯へ市場が移るまでの市場としてとらえる人も多いそうです。


値動きが小さいと言われるアジア市場

ヨーロッパ市場では、スワップなどだけでなく差益も大口で狙う投資家が多いことから、FXチャートが大きく変化することが多いと言われています。そのため、初心者はアジア市場での取引を行うことをすすめる人が多いのだそうです。市場によっても、クセの違いやチャートの変動は大きく個性が変わると言われていますから、自分の取引できる時間や特徴を知るといいでしょう。

FX口座を選ぶには何に注目する?

FXではFX取引を行っている業者で、FX専用口座を使ってトレードをしなくてはなりません。この口座には証拠金といわれる担保となるお金を振り込むのですが、この金額にレバレッジをかけて、証拠金以上のトレードを行う人も多いのだそうです。FX口座を選ぶときは、まずトレードスタイルなどを考えましょう。


FX口座は自分が行いたいトレードを探そう

まず口座を選ぶときには、自分が重要視したいサービスをしっかりと探しましょう。FXを始める前の初心者であれば、24時間、サポートを受けることができるなどです。また取引にかかる手数料は一度の金額が少ないとしても、重なると大きな金額になり負担となる
ことが多いと言われています。手数料の違いなどを知りましょう。自宅でパソコンを使ってトレードをするのか、スマートフォンなどを使って出先で行うのか、トレード方法も違いが大きいかと思います。


自分が取引を行う期間に注目

FXでは為替差益の他に、金利の差額を利益とするスワップ金利という考え方もあります。この方法で利益を出す場合には、できる限り長い期間、決済を確定せずに為替を保有する必要が出てくることもありますから、デイトレードのように一日の終わりと同時に、トレードも終了させるというスタイルは向かないという声もあるそうです。自分が作ることのできる時間や、空いている時間帯なども考えてトレード方法や口座を選ぶと、FXトレードはやりやすくなるそうです。