市場の特徴を知ってFXに活かそう

FXでは、24時間トレードができると言われていますが、これは世界のバーチャル市場が移動するためです。実際に取引所などがあるわけではないのですが、市場は時間ごとに移動をしています。これを地域ごとに分類すると、その市場にいるトレーダーのクセやチャートのクセも見えるのだそうです。


FX開始になるウェリントン市場

外国為替取引はニュージーランドのウェリントンが一番早くに市場をオープンします。そのため、月曜日の最初の値動きは大きく変わることもあるそうです。最後の市場はニューヨークにあることから、金曜日の夜のチャートは変動が大きいという特徴もあります。最初に開く市場であると同時に、ニューヨーク市場から日本やシンガポールなどのアジア地帯へ市場が移るまでの市場としてとらえる人も多いそうです。


値動きが小さいと言われるアジア市場

ヨーロッパ市場では、スワップなどだけでなく差益も大口で狙う投資家が多いことから、FXチャートが大きく変化することが多いと言われています。そのため、初心者はアジア市場での取引を行うことをすすめる人が多いのだそうです。市場によっても、クセの違いやチャートの変動は大きく個性が変わると言われていますから、自分の取引できる時間や特徴を知るといいでしょう。