FXで大きな損失を防ぐには、リスク管理を

FXでは証拠金以上の取引ができることから、初心者や元手になる資金が少なくてもトレードを開始しやすいと考える人が多いそうです。しかし、スワップなどで利益を出すには、長期に渡る取引も必要となってきます。そこで怖いのは、大幅なチャートの変化などで生まれるマイナスです。


FXで行えるリスクヘッジの種類

もっとも有名なリスクヘッジに、FXの強制ロスカットというものがあります。これは大きな損をしないために証拠金に一定以上のマイナスが出ると、強制的にトレードを終了するというものです。つまり預けているお金以上のマイナスを作らないための予防線のようなものです。これと別に、証拠金が減ってきた段階で、お金を足してください!というアラートが出るのですが、これをマージンコールといいます。多くの場合はマージンコールから一定時間後までに何のアクションもない場合にロスカットが働くそうです。


自分で損失を決められる会社もある

ロスカットは取引の強制終了となりますから、その後、外貨価値が回復しても利益にはなりません。大きな損を出さないために必要なリスク管理と考えましょう。もちろん、この機能などはシステムで動いていますから、自分でチャートをマメに確認すること、チャートを確認する時間が取れないときには、一度取引を終了させるなどの管理を行う必要があります。