FXで長期取引をする場合のリスクヘッジは?

FXでは一年間など、長期に渡る外貨為替取引を行うことで、金利差益を受け取るスワップポイントという利益の出し方があります。この差額は一日では数十円になることから、長期間、為替を保有する必要もあるそうです。この場合、FXチャートを確認できない時間帯にはどのようなリスクヘッジがあるのでしょうか?


FXは自動売買で管理する

FXのトレード方法に、システムを利用して自動売買を行うツールが存在します。過去、プロが利用していたと言われるもので、自分で売り買いのルールを決めて、システムに登録、このルール通りに売り買いを行ってくれるものです。略称ではシストレなどと呼ばれるもので、システムトレードという機能を利用できるFX業者も増加傾向にあると言われるそうです。


シストレのメリットは?

システムトレードを利用する最大のメリットは、時間など気にしないでトレードを続行できること、自分の感情に流されることなく、決められたルール通りのトレードを行えるという2点なのだそうです。ただし、売り買いの原則となるルール通りの売買を行ってはくれますが、例外的な対応などは自分で行う必要がありますから、チャートをマメにチェックできない時間帯に助けてくれるアイテムという認識にとどめておくほうがいいそうです。